八王子糖尿病内科クリニック

日本糖尿病学会認定 糖尿病専門医

日本内科学会認定 総合内科専門医

042-631-1024

診察内容

糖尿病(境界型〜糖尿病の診断・治療)

【糖尿病と診断されていない方】糖負荷試験(75g OGTT)を実施し、早期の診断をお勧めします。
【糖尿病と診断されている方】糖尿病のタイプ・インスリン(血糖を下げるホルモン)の分泌量の結果から、タイプに合った治療法をお勧めします。食事・運動だけで薬を使っていない方も多くおられます。薬は飲み薬と注射(インスリン、GLP-1)があり、当院の特徴としては入院せずに外来で始めて管理することが可能です。経過が良ければインスリンの減量、中止も可能です。1型糖尿病の方のインスリンポンプ療法(CSII)も外来導入・管理可能ですので、まずはご相談下さい。

糖尿病合併症の評価・治療

合併症は進行するまで症状が出ないため、定期的な評価と十分な治療がとても大切です。神経障害は診察や検査(DPNチェック、CVRR)を行い、痛み・しびれがある場合は症状緩和を目指します。またフットケアも行い必要に応じて皮膚科にご紹介を検討します。網膜症はお近くの眼科で定期的な眼底検査を行って頂き、検査結果は糖尿病眼手帳を用いた医療連携を行い共有いたします。腎症は検査(微量アルブミン、尿定性)を行い、十分な血糖・血圧管理を行います。

内科(高血圧・高脂血症・高尿酸血症などの生活習慣病)

糖尿病でない方の生活習慣病の治療も、当院で行えます。糖尿病がある方で合併している方は同時に治療します(生活習慣病は動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞・脳梗塞発症の危険性を高めます。どれか一つでも管理不良ですと動脈硬化が進行していくため、併せてしっかり治療することが大切です)。他にも甲状腺疾患などの内分泌疾患、慢性腎臓病などの腎臓疾患、感冒などの一般内科も拝見できます(総合内科専門医)。

動脈硬化関連検査(頸動脈超音波、脈波)

動脈硬化は、進行し血管の中が相当狭くなったり詰まったりしないと症状が出ません。そのため動脈硬化を進行させる病気や生活習慣(糖尿病・高血圧・高脂血症・痛風・喫煙など)がいくつかあり、コントロールが不良な方は、動脈硬化の進行を検査することをお勧めします。超音波で頸動脈の中が狭くなっていないか、脈波では動脈硬化の進行度合が数値化され、両足の動脈の中が狭くなっていないか検査できます。

その他検査(レントゲン、心電図、腹部超音波)

その他一般内科としてレントゲン(胸部/腹部)および骨密度(骨粗鬆症の検査)、心電図(心臓病の検査、CVRR測定にて自律神経機能の検査)、腹部超音波(肝臓、すい臓、腎臓など腹部臓器の検査)などを行うことができます。

糖尿病療養指導士(CDEJ)による糖尿病療養指導(看護相談)

CDEJは日本糖尿病療養指導士認定機構により認定された、一定の基準を満たした糖尿病の臨床における生活指導のエキスパートです。当院ではCDEJを取得した看護師が、必要に応じて糖尿病にまつわる相談(治療全般、生活環境、他の病気とのかねあいなど)を承ります。治療がうまくいっていない方(HbA1cがなかなか下がらない…)や、うまくいっていても何か悩みを抱えている方など、お気軽にご相談下さい。

管理栄養士(CDEJ)による栄養指導(食事相談)

食事療法は糖尿病治療の基本であるとされていますが、運動・薬物療法よりも実践が難しい治療です。その一方で実践してうまくいくと、薬物療法をそれほど必要としなくなる方も多い治療法でもあります。糖尿病の食事はどのようにすればよいのか、また以前に何度も食事指導を受けたが実践が難しい方はどのようにすればよいのか、食事は全くやる気はない!という方も気にしておいた方がよいポイントの伝授など、今までよりも一歩踏み込んだお話をさせて頂きたいと思っています。

禁煙外来

糖尿病・高血圧・高脂血症・高尿酸血症とともに動脈硬化の大きな原因の一つとして喫煙が挙げられます。また喫煙はガンの発生リスクも増加させます。近年日本では男性の喫煙者は徐々に減ってきていますが、女性はあまり減っていません。当院の禁煙外来では、一瞬でもタバコを止めたいと思ったことがあるが現実では止められていない方の、禁煙のサポートをしていきたいと考えております。糖尿病で無くてもタバコを止めたい方はお気軽にご相談下さい。